製品情報

  1. TOP
  2. 製品情報
  3. デバイスエクスプローラ OPCサーバー
  4. PLC対応機種
  5. パナソニックFP
  6. PLC設定方法

PLC設定方法

FP-XシリーズEthernet設定例

FP-X COM5ユニットでEthernet通信を行うには、FPWIN GR(プログラミングツール)によるFP-X本体の通信設定と、Control Configurator WD(IPアドレス検索ツール)によるFP-X COM5ユニットの通信設定が必要となります。

ネットワーク環境

ここで説明するサンプルは次のようなケースを想定しています。

※この表は横にスクロールできます

ホスト IPアドレス 192.168.1.2
ホスト ポート番号 0
PLC IPアドレス 192.168.1.1
PLC ポート番号 1025

IPアドレスとポート番号の設定

解説

  • FP-COM5はシリアルとEthernetの変換ユニットであるため、FP-Xシリアルポートの設定が必要になります。
  • ユニットNo、通信モード、伝送フォーマット、通信速度を適切な値に設定します。

IPアドレス検索ツール

IPアドレスやポート番号等のEthernetパラメータは、Configurator WDのパラメータ画面を使って設定することができます。

Configurator WD

解説

  • Configurator WD(IPアドレス検索ツール)でFP-X COM5を検索します。
  • 結果リストからFP-X COM5を右クリックし、IPアドレスの設定画面を開きます。

 

IPアドレスとポート番号の設定

解説

  • IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイを指定します。