よくあるご質問

  1. TOP
  2. よくあるご質問
  3. OPCサーバーとOpcEnumのアーキテクチャ(x86/x64)が異なる場合
  • OPCサーバー

OPCサーバーとOpcEnumのアーキテクチャ(x86/x64)が異なる場合

2022.01.21

デバイスエクスプローラ OPCサーバーは32ビット版と64ビット版の両バージョンを提供しており、インストール時に選択してセットアップが可能です。

COM/DCOMの技術を用いたOPC DAなどのOPC Classicインターフェイスを用いた接続の場合、OPCクライアントとOPCサーバー間の接続にOpcEnumサービスが用いられます。OpcEnumはPC内 にインストールされている OPCサーバーを列挙する機能を提供します。OPCクライアントは、OPCサーバーPC上のOpcEnumを経由して、ProgIDからCIDを索引して接続します。

OpcEnumにも32ビット版と64ビット版が存在します。

OpcEnumのアーキテクチャの確認

64ビットOS上で登録されているOpcEnumのアーキテクチャは、Windowsサービスに登録されているOpcEnumのプロパティにある「実行ファイルのパス」から確認できます。
C:\Windows\OpcEnum.exeとなっている場合:64ビット版
C:\Windows\SysWOW64\OpcEnum.exeとなっている場合:32ビット版

アーキテクチャの不一致について

通常、OPCサーバーとOpcEnumのアーキテクチャが一致している必要がありますが、OPCクライアントのアーキテクチャとの兼ね合いで、一致が難しい場合があります。

そういった場合は、デバイスエクスプローラ OPCサーバーのレジストリを別途登録することで、OpcEnumのアーキテクチャと一致していない場合でも、OPCクライアントはOpcEnum経由でデバイスエクスプローラ OPCサーバーに接続できるようになります。

レジストリ登録ファイル

※この表は横にスクロールできます

バージョン 用途 ダウンロード
Ver.6シリーズ(32ビット版) OpcEnumが64ビット版の場合 ダウンロード
Ver.6シリーズ(64ビット版)

OpcEnumが32ビット版の場合

ダウンロード
旧バージョン Ver.5シリーズ(32ビット版) OpcEnumが64ビット版の場合 ダウンロード
旧バージョン Ver.5シリーズ(64ビット版) OpcEnumが32ビット版の場合 ダウンロード