製品情報

  1. TOP
  2. 製品情報
  3. IoTセキュアサーバー

IoTセキュアサーバー

現場データを安全にクラウド送信

  • データ通信を片方向に制限し、産業機器へのサイバー攻撃を防止。
  • 200シリーズの国内外のPLCや計測機器からデータを収集しクラウドにデータ送信機能を搭載。
  • 外部からの攻撃は、通信用OSで遮断。制御用OSは隔離。

  • 制御用OS(Windows)にユーザーアプリケーションをインストールし、共存可能。

     

セキュリティインシデントが1件発生した場合平均損害賠償額は6億3,767万円と想定されています。
(日本ネットワークセキュリティ協会算出)

コア技術LynxSecureについて

サイバー攻撃から守る

  • “隔離”したハードウェアの領域内で複数のOSを起動
  • 脆弱性を突かれても、領域内に留め、被害の拡大を“遮断”
  • 暗号化や認証処理により"データ保護"

メーカー情報

※この表は横にスクロールできます

会社名 Lynx Software Technologies ,Inc.
本社 米国 カリフォルニア州サンノゼ
事業内容 高パフォーマンス、信頼性、安全性とセキュリティが求められる市場(航空・宇宙・防衛)におけるリーディング企業として、オープンスタンダードな組込みソフトウェア製品を提供
採用実績 医療、社会インフラ、産業機器、防衛、戦闘機など

 

 

安全・確実なファイル転送

オプションにてHULFT IoT TAKEBISHIによるファイル転送を利用頂けます。

HULFT IoT TAKEBISHI