製品情報

  1. TOP
  2. 製品情報
  3. デバイスエクスプローラ OPCサーバー
  4. PLC対応機種
  5. 富士電機MICREX
  6. PLC設定方法

PLC設定方法

MICREX-SXシリーズEthernet設定例

SX-Programmerのパラメータ画面を使って、IPアドレスやポート番号等のEthernetパラメータを設定します。

ネットワーク環境

ここで説明するサンプルは次のようなケースを想定しています。

※この表は横にスクロールできます

ホスト IPアドレス 192.168.0.10
ホスト ポート番号 0
MICREX IPアドレス 192.168.0.1
MICREX ポート番号 1025

解説

  • SX-ProgrammerのSystem_Definitionでシステム構成を定義します。

ユニット構成

CPU内蔵Ethernetポートの設定を行います。

解説

  • Ethernetモジュール(CPUモジュール)のプロパティでパラメータ設定を行います。

IPアドレスとポート番号

IPアドレスとポート番号を指定して、ローダーコマンド通信の設定を行います。

解説

  • 自己基準ポート番号+251(ローダコマンドサーバ)、または+253(ローダインターフェイスサーバ)がEthernetモジュールのポート番号となります。
    例えば、自己基準ポート番号を256と設定すると、ポート番号は256+251(253) = 507(509)となります。